ABIロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ

タイでグルメを満喫するには? ローカルフードを満喫するポイント

タイでグルメを満喫するには? ローカルフードを満喫するポイント

タイと言うと、寺院や宮殿などいろいろな観光名所を思い浮かべますが、魅力的なのは歴史的建築物や文化遺産だけではありません。
ローカルフードを食べることも観光の目玉のひとつとして人気を集めています。
ここではタイのローカルフードを満喫するポイントと、タイのローカルフードを2つご紹介します。  

《タイでローカルフードを満喫するポイント》

・屋台を利用するための準備をしておく
海外旅行では、屋台で食事をするのは期待と同時に少々の不安も混じるものです。
特にローカルな屋台では言葉が通じないこともありますし、注文をするのに苦労するかもしれません。
タイ語での最低限の会話を予習しておくことも大切です。

これはいくらですか?
「アンニー タオライ クラップ(プ)/カー」

ありがとう
「コップ クン クラッ(プ)/カー」
※女性の場合はクラッ(プ)がカーになります。

はい/いいえ
「ダーイ/マイダーイ」

ローカルフードを楽しもうと思ったら、事前に外国人から人気を集めている屋台を調べておくことが大切です。
特に外国人が頻繁に利用する屋台では、英語つきやイラスト・写真付きのメニューを置いているところもあります。

日本では食べられないものを食べる!

最近では、日本にもタイ料理を出すお店が増えたため、日本にいながらでもタイのローカル料理を楽しむことができます。
しかし、まだまだ日本では食べられない料理もあります。

タイでローカルフードを食べる際は、食材が新鮮でないと食べられない料理や、そもそも食材がないために日本のタイ料理屋でも食べられないものを選ぶようにしましょう。
首都バンコクのトンロー地区はグルメタウンとしても知られているので是非行ってみてください。

辛さの調節を忘れない

ローカルなお店は味付けが辛いことがよくあります。辛い物を求めている場合は問題ありませんが、もし辛い物が苦手という場合は注文時に一言付け加えるようにしましょう。
「辛くしないで」と伝えるには「マイ・ぺッ(ト)」と言えば伝わりますよ。

特に炒め物やサラダ(ソムタム)などは、辛めで出てくることが多いので注意してください。

値段に注意する

個人旅行前に調べておくこと

タイには非常に多くの屋台やレストランがあります。
ほとんどが問題なく食事を楽しめるのですが、その中の極一部では悪質なお店もあるので注意しましょう。
最も多いのが金銭トラブルです。たまにレストランで金額の載っていないメニューを渡され、そのままレストランを利用すると、会計時に高額な値段を請求されることがあります。

このトラブルを避けるには、値段のないメニューを見たら必ず値段を確認する」または「注文しない」ようにしましょう。

《おすすめのローカルフード》

プー・パッ・ポン・カリー
タイのカレーはマッサマンカレーやグリーンカレーなど、種類が豊富でどれも美味しいのですが、特におすすめなのが「プー・パッ・ポン・カリー」です。
これは、日本でいうカレーとは異なり“カレー炒め”のようなもの。
具にはワタリガニと卵などがあり、少しピリッとした辛さがもち米やタイ米と合います。

ヤムウンセン
春雨とイカやエビなどの魚介類をナンプラーで味付けしたサラダです。
この料理はタイ独特の辛さを味わいたい方におすすめですよ。
結構辛い料理なのですが、その辛さが癖になって食べたくなる方もいるとか。
初めての注文で怖いという方は、辛さを控えめにして貰って頼んでみると良いでしょう。

タイには、どこで食事するか迷うほど飲食店が多く並んでいますし、料理の種類も多いため、何を食べたいかで迷うことがあるでしょう。
その際は、街中で人が集まっているお店を探してみましょう。

タイにもグルメ通の人は大勢います。
現地の美味しい料理を知りつくしたタイ人が行列をしているお店ともなれば、きっと満足のいく料理を堪能できるはずですよ!

シェアするShare

facebook LINE Twitter