ABIロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ

キリストの復活祭「イースター」とはどんな日?

キリストの復活祭「イースター」とはどんな日?

キリストの復活祭「イースター」とはどんな日?

日本人は「イースター」と聞いてもあまりピンとこない方も多いかもしれませんが、キリスト教圏でイースターは、クリスマスよりも重要視されているところもある日なのです。
このイースターとはどういった日なのでしょうか?
イースターについて、なぜ重要なのか、どんな日なのかなどをご紹介します。

 

イースターとは何の日?

イースターを日本語に訳すと「復活祭」となります。この名の通りイースターは「キリストの復活」を指し、キリストの復活を祝うために設けられた日なのです。
具体的な日にちは決められていないのですが「春分の日が終わった最初の満月から数えた最初の日曜日」というのが一般的です。

キリストは弟子の1人の裏切りに遭い、十字架に架けられて処刑されてしまうことになります。
しかしその際にキリストが「復活する」と予言をし、そして実際に処刑をされてから3日後に復活を果たしました。
キリストは数々の奇跡を起こしましたが、その中でも最も大きな奇跡がこの復活です。
そのためキリスト教はこの特別な日を祭日として扱うようになったのです。

それから時が流れ、今はクリスマスのように家族でご馳走を食べ、キリストの復活を皆で祝っています。

「イースターエッグ」と「イースターバニー」とは

「イースターエッグ」と「イースターバニー」とは

イースターでは「イースターエッグ」「イースターバニー」という2つの言葉がたびたび挙がります。
この2つはイースターを知る上では欠かせないポイントです。それぞれの概要を見ていきましょう。

・イースターエッグ
イースターでは「卵」を使ってお祝いします。
卵は「生命の誕生」を意味しているため、キリストの復活を祝う際に重要なものとして考えられているのです。
ごちそうの中には卵料理が多く見られますし、卵を使った遊びを行うのもイースターの特徴です。
家の周りに卵を隠し、宝探しのように探し当てるエッグハントや、スプーンに卵を乗せて誰が1番早く運ぶことができるかを競うエッグレースというゲームなどは、イースターならではの楽しみ方だといえるでしょう。

・イースターバニー
前述したイースターエッグを運ぶうさぎも、イースターには欠かせません。
うさぎは多産であることから豊穣のシンボルと考えられており、イースターでは必要な存在となっているのです。

イースターは日本に住んでいる私たちにはあまりなじみのないものですが、キリスト教圏においては重要な役割を持っている日の1つです。
3月~4月ごろにキリスト教圏に旅行する機会があれば、イースターのお祝いムードを目にすることもあるかもしれませんね。

シェアするShare

facebook LINE Twitter