ABIロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ

海外でカジノに行くなら気を付けたい3つのマナー

海外でカジノに行くなら気を付けたい3つのマナー

海外でカジノに行くなら気を付けたい3つのマナー

海外旅行先でカジノを経験してみたいと思う方は多くいらっしゃるでしょう。
カジノには守るべきマナーがいくつかあることをご存知でしょうか? マナーが守れていなかったり、知らず知らずにマナー違反をしてしまったりすると、従業員から注意されることもありますし、 最悪カジノから追い出されてしまう危険性もあります。

今回は、カジノを楽しむうえで最低限知っておきたいマナーについてご紹介していきます。

 

カジノに行くなら知っておきたい3つのマナー

・ルールは理解した上で臨む
カジノ経験がない方の中には、ゲームのルールに関しての知識が浅いため「とりあえず参加しながら覚えよう」と考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかしこれはほかの参加者に迷惑ですし、ディーラーの仕事を妨げてしまうことにもつながります。
ゲームに参加する前に、基本的なルールをきちんと把握しましょう。
「ぶっつけ本番」で取り組まないようにすることがポイントです。
また1日に数回ほど、初心者向けのレクチャーがカジノ内で開催されていることも多いため、そういった機会に勉強してから挑戦することをお勧めします。

・最低限の服装(ドレスコード)を意識しておく
服装については、最近はそこまで厳しく問われなくなった傾向がありますが、短パンやサンダルなどのラフな服装でカジノに入ることはなるべく控えたほうがいいでしょう。
かつてラスベガスのカジノのドレスコードは非常に厳しいものでしたが、ここ最近は緩和されつつあります。
とはいえ半袖短パンのような服装はカジノにはふさわしくないという認識もまだまだあるため、こういった服装での入店は控えておく方がいいでしょう。

・カジノは「世界の人が集まっている」ことを忘れない
ほかの来客の私物やチップなどを安易に触らないようにすることも大切です。
日本人は比較的マナーを大切にする傾向がありますが、お酒が飲めることや旅行中ということもあり、羽目をはずしてマナーに反する行動を取ってしまう方もいらっしゃいます。

しかしカジノは日本人だけでなく、ほかの国の方も集まっている空間だということを忘れてはいけません。
ちょっとしたマナー違反でほかの客とトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。
カジノは世界の人が集まる社交場であることを意識した行動を心がけるようにしましょう。

マナーを守ってカジノを楽しみましょう

マナーを守ってカジノを楽しみましょう

ここまで紹介したようにカジノではいくつかの気をつけなければならないポイントもありますが、それらを意識した行動をとっていけば日本ではできない貴重な体験をすることができます。
独特な雰囲気を味わいつつ、マナーをしっかりと守ってカジノを楽しんでくださいね。

シェアするShare

facebook LINE Twitter