ABIロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ

【旅行好き必見】海外でレンタカーを借りる際の注意点

【旅行好き必見】海外でレンタカーを借りる際の注意点

海外旅行先で、休暇の過ごし方はどうされていますか。
ホテル内のプールなどで過ごす人もいれば、交通機関を利用して観光地を巡る方もいることでしょう。

海外での旅に慣れた方の中には、レンタカーを利用される方もいます。
レンタカーは、旅先の風土や習慣を直に味わえる方法の1つです。また地域や国によってはレンタカーを利用しないと満喫できない観光地もあります。
今回は海外でレンタカーを借りる際の注意点やポイントについて触れていきます。

 

■国際免許証が必須

海外でレンタカーを借りる際には、まず国際免許証が必要です。日本にいる間に発行しておきましょう。
申請に必要な書類などは以下の通りです。

・運転免許証
・写真1枚(縦5cm×横4cm)※申請前6ヶ月以内に撮影したもの
・パスポート等
・(すでに所持している方は)国際免許証

国際免許証の申請には、免許証に記載された交付場所に行く必要があります。
有効期限が1年のため、国内免許の期限が1年未満の場合は発行することができません。
ただし、特別措置として免許の更新を行うことができます。内容や条件は都道府県ごとに異なりますので、最寄りの運転免許センターや警察署にお問い合わせください。

■旅行先の交通状況を知る

国や地域によって交通ルールが異なります。
たとえば、欧米諸国を中心にラウンドアバウト(ランダバウト)といった環状型になっている交差点があります。
信号がないため初めて走行する時には戸惑うかもしれません。
渡航先の交通ルールを事前に調べた上で、安全運転を心がけましょう。

■レンタカー会社の選び方

国や地域によって交通ルールが異なります。たとえば、欧米諸国を中心にラウンドアバウト(ランダバウト)といった環状型になっている交差点があります。
信号がないため初めて走行する時には戸惑うかもしれません。
渡航先の交通ルールを事前に調べた上で、安全運転を心がけましょう。

■保険は念入りにチェック

有給を取るにはタイミングが大切

レンタカーを借りる際にチェックを欠かしてはいけないのが保険です。
知らない土地での運転ですから、不安もあることでしょう。
値段が高くなったとしても、できるだけ多くの場面で融通の利く保険に加入したほうが良いでしょう。
また基本的に保険の内容は英語で記載されています。
書かれている内容は日本のレンタカーと似たようなものなので、単語を調べつつ意味を把握し契約してください。

海外でレンタカーを利用する際には、いくつか注意点があります。ですが、それ以上にメリットもあるのです。

例えば、
「時間を気にせず自由な行動ができる」
「荷物が多くても楽々と運ぶことができる」
「交通機関の時間などに苦しまない」などです。

自分の思い通りに行動し、より深く旅行を楽しみたいと思われる方はレンタカーの利用を検討されてはいかがでしょうか。

シェアするShare

facebook LINE Twitter