ABIロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ

海外でパスポートを紛失したら? 知っておくべき対処法

海外でパスポートを紛失したら? 知っておくべき対処法

海外でパスポートを紛失したら? 知っておくべき対処法

海外旅行や留学など、海外に行く際にはパスポートが必要になります。
パスポートは自分の身分を証明するのに必要な重要書類です。

この書類(パスポート)を紛失してしまった場合は大変です。
自分の身分を証明できないばかりか、日本に帰ることもできなくなってしまいます。
ここでは、前もって知っておくべき、パスポートを紛失した時の対処法をご紹介します。

 

1に警察署、2に日本大使館!

パスポートを紛失したと分かったら、まず現地の警察署へいき、「ポリスレポート(パスポートを紛失した証明書)」を作成してもらいましょう。

ポリスレポートを取得したら、日本大使館へ行き「紛失一般旅券等届出書」を作成、申請しましょう。
この手続きは、パスポートを紛失した本人が窓口に行かなくてはいけません。
日本大使館では次の書類が必要です。

・ポリスレポート
・写真(縦45mm×横35mm)1枚
・参考となる書類(免許証や保険証など)1枚

事前にパスポートをコピー、番号をメモしておけば手続きがスムーズになりますよ。

パスポートを紛失した時の選択肢は2つ

パスポートを紛失した場合、対処方法は次のうちどちらかを選ぶことができます。
・パスポートの再発行をせず、渡航書を申請して日本へ帰国する。
・パスポートの再発行をする

パスポートの再発行は戸籍謄本か戸籍抄本が必要になるため、日本にいる家族・友人から役所で用意してもらいFAXか郵送してもらう必要があります。
これは時間も手間も、また迷惑もかけてしまうため、短期の旅行であった場合は渡航書を申請するのが一般的です。

渡航書を申請する

日本大使館で「渡航書発給申請書」を記入し、申請します。
また、渡航書を申請する際は以下の2つが必要です。

・写真(縦45mm×横35mm)1枚
・戸籍謄本(無い場合は運転免許証など国籍と本人確認ができるもの)

このため、パスポートとその他の身分証明書を一括管理しないようにしましょう。
別々にしまうことで、紛失や盗難にあっても対処しやすいですよ。

また、日本へ帰国する意思を確認するため、航空券の帰りのチケットや日程表のコピーが必要になる場合もあります。
渡航書がどれくらいで発行できるかは窓口で確認しましょう。
また、渡航書の有効期限は7~10日程度ですから、帰国日に合わせて申請するのも大切なポイントです。

パスポートを発行する

日本大使館でパスポートの発行手続きを行います。
基本的に日本でパスポートを発行するときと同じ手続きで完了します。
パスポートの再発行には以下の書類が必要です。

・ポリスレポート
・紛失一般旅券等届出書
・一般旅券発給申請書 1枚 (大使館窓口にあります)
・写真(縦45mm×横35mm)1枚
・戸籍謄本か戸籍抄本 1枚

パスポートの発行には1週間以上かかると考えておいたほうが良いでしょう。

留学しており、帰国する予定が間近でない場合はパスポートの再発行を行うのがよいでしょう。

紛失しないよう事前対策も大切

紛失しないよう事前対策も大切

何よりも大事なのはパスポートを紛失しないように工夫することです。
「パスポートを取り出しやすい場所にしまわない」「ホテルのセーフティボックスにしまい、コピーを持ち歩く」などの対策を取っておくと安心です。
また、外から見て貴重品が入っていると分かるような厳重な鞄なども不自然なので注意しましょう。

海外旅行を安心して終えるためにも、必ず盗難・紛失対策はとっておきましょう。
渡航書発行もパスポートの再発行も、手続きが完了するまでに写真が2枚必要になるので注意してください。

海外旅行の際は、もしパスポートを紛失しても速やかに対応できるよう、現地の警察署や日本大使館の場所を調べておくことが大切ですよ。

シェアするShare

facebook LINE Twitter