ABIロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ

有給の理由って必要? 有給休暇の上手な取り方

有給の理由って必要? 有給休暇の上手な取り方

有給休暇は、労働者が請求すれば雇用主は休暇を与えなければならないと、労働法で定められています。
たまった有給の取得は労働者の権利なのですが、申請の際に必要になるのが理由です。

本当のことを伝えるべきか、嘘も方便か。
そもそも、有給を取りづらい雰囲気の職場もあるかと思います。
そこで、有給休暇の申請理由や、上手な取り方についてご紹介します。

 

反感を買いにくい申請理由

実は従業員の休憩時間と休暇は会社の管理外で、本来は休暇理由を聞く必要はありませんから、「私用で休む」も立派な理由になります。

とはいえ、その私用の内容を聞かれた場合、素直に海外に行くと答えれば反感を買ってしまう可能性があります。
会社によっては、理由次第では却下されるところも。

素直に答えると反感を買いそうな場合、最も反感を買いにくい理由は「慶弔」です。
内や友達の結婚式は一生に一度のイベントですから、有給を使って参加してもおかしくありません。
近い親族の法事も、休みを取っても不思議に思われない理由になります。
遠方なら数日まとめて取得しても、おかしくありません。

子供がいるなら、学校行事や地域の集まりなどを理由にしても。
身内の病院や検査に付き添う理由がある、というのも、職場の人に納得してもらいやすい理由の一つです。

有給を取るにはタイミングが大切

有給を取るにはタイミングが大切

有給は、労働者が希望する時期に雇用主は取らせることになっていますが、年度末など休まれたら困る時は例外で、有給の申請を拒否することができます。
なので、繁忙期や決算の時期など、自分が休むことで会社の業務が回らなくなるような時期の有給は控えましょう。

有給は、業務が比較的少なく、休んでも差し支えない時期に取るのがおすすめです。
また「結婚式」や「法事」など、あらかじめ日時がわかっている設定の理由なら、早めに申請をすることも可能です。
直近になって「休みたい」では、他の人の都合もあります。
そこはビジネスマナーとして、前もって有給を取りたいということを職場に伝えておきましょう。

なかなか取りにくい有給休暇ですが、ずっと動き続けていると労働のパフォーマンスは低下してしまいます。
パフォーマンス向上のためにもしっかり有給を取って、リフレッシュしましょう。

シェアするShare

facebook LINE Twitter