ABIロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ

海外旅行の平均予算はどのくらいあればいいの?

海外旅行の平均予算はどのくらいあればいいの?

夏の旅行に海外を考えている方は、平均でどのくらいの費用がかかるのか気になるところですよね。
もちろん海外といっても、国や地域によって値段は大きく変わってきます。

海外旅行先に人気の国・地域を紹介しながら、それぞれの予算と、節約するコツについて紹介します。  

海外旅行の平均費用って?

日本旅行業協会(JATA)の調査によると、海外旅行の平均費用はここ数年増えていて、2015年度は1人当たり25.6万円という結果に。
航空費や宿泊代、燃料サーチャージなどを含む、旅行参加費が16.7万円、現地旅行費と買い物で8万円が平均的と出ています。

旅行先についてもランキングが発表されています。
JATAが2016年の夏休み期間の旅行先の人気方面を各旅行会社に調査して集計したところ、以下のような結果になりました。

1. ハワイ
2. 台湾
3. シンガポール
4. グアム
5. ベトナム
6. タイ
7. オーストラリア
8. アメリカ(本土)
9. 韓国
10. カナダ、香港

やはり、海外旅行先だとハワイが人気を誇ります。
日本語も普通に通じるので、言語的な敷居が低いのも行きやすい理由でしょう。
そのほか、アジアやオーストラリアなど近場は人気です。

上位3カ国、それぞれの予算はどのくらい?

■ハワイ
ハワイ旅行の予算は、需要が高いということもあり、海外旅行の平均より少し高めです。
ツアーは6月や10月などが安くなりやすいので、この時期はしっかりと確認しておきましょう。
現地での物価、食費は日本より高めなので、「ハワイに行くならショッピングやレジャーを楽しみたい」という人は、現地で使うお金をしっかり残したいですね。

■台湾
2位の台湾は、東京から飛行機で4時間~4時間半ほど。
2泊3日と短めに滞在が可能で、航空券は往復1万円以下から、高くても5万円台で購入できます。
ホテルは日本より少し安めで、スタンダードクラスで1万円前後です。

物価が安いので、交通費や食費、買い物などかなり安く遊べます。
外食は、夜店が3~400円と安いものの、レストランに入るなら日本と同じくらいかかります。
ちなみに格安ツアーは、8月で19800円~39800円という商品もあり、学生や1人旅にもおすすめです。

■シンガポール
3位のシンガポールは、成田から直行便で7時間半ほどの赤道近くにある、落ち着いたリゾート観光地として知られています。
治安もよく、街がとてもきれいです。ポイ捨てすると罰金を取られるため、ゴミ一つ落ちていません。

1つ注意したいのが『罰金』です。
シンガポールは思わぬところで罰金がとられるので注意しましょう。
電車の車内での飲食や、入国時にガムを持ち込むことも罰金の対象になりますので、行く前によく確認しましょう。

航空費は主な航空会社の直行便が往復で5万円前後、繁忙期は8万円ほど。現地の物価は日本と同じくらいです。
リゾート地なのでホテル代は決して安くはありませんが、サービスは期待できます。

3泊4日の格安プランは5万円前後からあり、ホテルのグレードに合わせて、8万円~20万円とさまざまです。
最安値の時期は10月です。

旅費を節約するには?

海外旅行の平均予算はどのくらいあればいいの?

旅費を節約するには、繁忙期や週末を避けて、混まない時期を狙うことが一番です。
繁忙期を避けられない場合は、航空費を抑えることを検討しましょう。

経由便を利用したり、早朝や夜遅めの便があいていれば安く乗れる場合もあります。
また、「ホテルは寝られればいい」という人は、食事のつかないビジネスホテルや、ホステルなどに泊まって自炊するというのも一つの方法です。

2016年の海外旅行渡航先ランキングを参考に国別の予算について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
海外旅行は異文化と出会えるワクワクする体験です。旅行計画を立てる際に参考にしてみてくださいね。

シェアするShare

facebook LINE Twitter