ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

「エコノミー症候群」の原因と対策について、しっかり押さえておこう

「エコノミー症候群」の原因と対策について、しっかり押さえておこう

皆さんは「エコノミー症候群」という病気をご存知でしょうか? 正式名称は「静脈血栓塞栓症」といいますが、飛行機で長時間移動しているときに発症するケースが多いことから、このような名前が付けられました。
今回の記事では、エコノミー症候群を発症する原因や、予防のための対策法をご紹介します。

エコノミー症候群とはどんな病気? 発生原因は?

エコノミー症候群は、圧迫された足の血管に「血の塊(血栓)」が生じることで発症する病気です。この血栓が、飛行機を降りるために立ち上がったときなどに肺の血管に入り、詰まってしまうことで「胸の痛み」「呼吸困難」などを引き起こします。また、エコノミー症候群は以下のような状況で発症しやすくなります。

・空調が効いていて乾燥した室内にいる

空調が効いていて空気が乾燥している環境下では、体から水分が蒸発しやすい状態です。体内の水分量が低下すると、血液中の水分が減ってドロドロの状態になり、血管内でスムーズに流れにくくなってしまうのです。

飛行機内は空気が乾燥しているうえ気圧が低くなっている状態のため、よりエコノミー症候群を発症するリスクが高い場所だといえます。しかし、エコノミー症候群は「空気が乾燥している」「長時間同じ姿勢で過ごす」といった条件が揃いやすい電車やバス、車内泊などでも発症することがあるので、注意が必要です。

・座ったままなど、長時間同じ姿勢で過ごしている

長時間のフライトなどで座っている状態が続くと、足や下半身が圧迫されてうっ血を起こします。うっ血した血管内には小さな血の塊(血栓)ができやすくなり、発生した血栓が血流に乗って肺の動脈まで到達すると、エコノミー症候群の症状を引き起こすのです。軽症の場合は早めに処置することで大事に至らずに済みますが、重症の場合は命にかかわる場合もあるため、事前に予防対策をすることが大切です。

エコノミー症候群の対策方法は?

・歩行などの運動をする

エコノミー症候群は長時間同じ姿勢でいることで発生します。そのため、1時間に1回は足を動かす運動を行いましょう。「トイレ休憩をこまめに取り、なるべく歩くようにする」「足首を回す運動やストレッチを行う」といった方法で適度に足を動かすと、血流が滞るのを防いでくれます。

・適切に水分を取る

体の中の水分が不足していると血液がドロドロになり、エコノミー症候群になるリスクが上昇してしまいます。
これを防ぐために、こまめに水分を補給することを心掛けましょう。
水分補給の際は、アルコールや、コーヒーなどのカフェイン飲料を避けるのがポイント。これらの飲み物には強い利尿作用があるため、かえって水分不足になってしまいます。効果的に水分補給をするなら、水よりも吸収率が高いイオン飲料がおすすめです。

・足のマッサージをする

血栓は、足を動かさないままの状態が長時間続き、うっ血することで発生します。足の血流を促進するためにマッサージを行うことで、血栓ができるのを防ぐ効果があります。足首からふくらはぎ、太ももの付け根へと、リンパの流れに沿ってやさしくマッサージをしましょう。

適切な対策をして、エコノミー症候群を予防しよう!

「エコノミー症候群」の原因と対策について、しっかり押さえておこう

エコノミー症候群はどんな人でも発症する可能性のある病気です。しかし、適切な対策をすることで発症を予防することができます。乗り物などの乾燥した室内で長時間過ごすときには、水分補給や運動などの対策を忘れないようにしましょう。

シェアするShare

facebook LINE Twitter