ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

音楽好きなら外せない! 海外の有名音楽フェス3選

音楽好きなら外せない! 海外の有名音楽フェス3選

音楽フェスの始まりは、1969年アメリカで開かれたウッドストック・フェスティバルと言われています。日本でもフジロックフェスティバルやサマーソニックなどが開催されますが、海外でも音楽フェスは大人気のイベントです。またフェスではアーティストだけではなく、会場で屋台やキャンプ、パーティーを楽しんだり、多くの国の人と交流できたりするのも魅力。今回は音楽好きなら見逃せない、海外の主な音楽フェスについてご紹介しましょう。

海外の有名フェス1 ベルギーのTomorrowland

Tomorrowlandは2005年からベルギー・ボームで開催されている世界最大級の音楽イベント。ステージの数は20以上、訪れる観客は200か国以上40万人とオリンピック級のフェスであり、チケットがなかなか取れないことでも有名です。
Tomorrowlandが扱うEDM(Electronic Dance Music)のイベントは他にもありますが、Tomorrowlandの特徴はテーマパークのように細かく作りこまれた会場にあります。Tomorrowlandはベルギーのほか、アメリカやブラジルでも開催されており、2019年は冬のイベントとして「Tomorrowland Winter」がフランスで開催予定です。

海外の有名フェス2 アメリカのCoachella Valley Music and Arts Festival

Coachella Valley Music and Arts Festivalは毎年4月にアメリカ・カリフォルニアで開催される音楽フェス。1993年の大規模野音イベントからスタートし、当初は2日間のイベントでしたが、現在は土日を挟んだ2週間の日程となっています。開催期間の長さもさることながら、約20万人の観客が訪れ、チケットの売り上げが100億円近くあるCoachella Valley Music and Arts Festivalは、世界でも屈指の規模の音楽フェスと言えます。
出演アーティストも豪華ですが、会場のあちこちに設置される巨大オブジェもCoachella Valley Music and Arts Festivalの特徴です。

海外の有名フェス3 イギリスのGlastonbury Festival

Glastonbury Festivalは1970年からイギリスのイングランド南西部、ピルトンとグラストンベリーの間にある農場地帯で開催される音楽フェスです。毎回10万人以上が訪れる世界最大の音楽フェスで、ロックだけでなくジャズ、ダンス、レゲエのほかバレエやサーカス、演劇などステージ上で行われるエンターテイメントが多く催されるのも特徴。
また、会場にはテントが設置してあり、観客が宿泊や休憩のスペースとして利用できるようになっています。テントの種類も簡易ベッド付きの小屋タイプからモンゴルの遊牧民族のテント「ユルト」やネイティブ・アメリカンの移動式住居「ティピ」など、予算と人数でテントの種類を選ぶこともできます。

音楽好きなら外せない! 海外の有名音楽フェス3選

海外で特に有名な音楽フェスを3つご紹介しました。どのフェスも会場内に宿泊することが可能であり、テントの近くにはトイレ・シャワー・カフェなどが併設されていることから、快適に過ごすことができます。音楽好きなら一度は海外の大きな音楽フェスに出かけてみましょう。

シェアするShare

facebook LINE Twitter