ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

海外でタクシーに乗るならここに注意!

海外でタクシーに乗るならここに注意!

鉄道やバス路線が発達していない国では、タクシーを利用しないと不便な場合があります。タクシーは他の交通機関に比べて高額ですが、指定した行先まで連れて行ってくれるのでとても便利。しかし一方で、トラブルに巻き込まれやすいので注意が必要です。そこで、海外でタクシーに乗る際に、注意したい点を紹介いたします。

海外でのタクシー乗車は、白タクに気を付けよう

白タクとはタクシー営業を無許可で行っている車を指します。白タクを使うとトラブルに遭う確率が高く、高額請求のほか金品の強奪に遭うケースもあります。トラブルに遭わないためには、まず白タクに乗らないようにしましょう。

・ホテルやタクシー乗り場から

白タクに乗ってしまわないためには、流しのタクシーに乗らないこと。
ホテルでフロントやベルボーイにタクシーを呼んでもらえば、正規のタクシーが来るので安心です。また、空港や駅のタクシー乗り場から乗ることで、白タクを防ぐこともできます。タクシー乗り場では白タクは客待ちできないことが多いからです。
もし近くにタクシー乗り場がない場合は、近くのホテルやレストランまで歩いていき、そこで呼んでもらいましょう。呼んでもらった時は、チップを忘れずに。

・事前に安全なタクシーをチェック

タクシーのトラブルが多い国では、一般的に安全だと言われているタクシーが存在します。旅行会社や旅行情報誌などで、どのタクシー会社が安全なのかチェックしておきましょう。
日本のタクシーのナンバープレートが緑色であるのと同様、ナンバープレートで色分けをしている国もあります。

よくある海外でのタクシートラブル&トラブルを防ぐ方法

残念ながら正規のタクシーでも、海外旅行客をターゲットに高額を請求するケースがあります。そのなかでも代表的なトラブルとその回避方法を紹介します。

・遠回り詐欺やメーター詐欺

遠回りすることで高額料金を請求したり、料金メーターを細工したりすることで、違法な料金を請求します。土地勘がない旅行客を中心に被害に遭うケースが多いのがこのトラブルです。
これを防ぐ方法は、事前に相場を把握しておき、タクシー乗車の際に運転手に料金確認をすることです。乗車人数や荷物の多さ、高速料金や早朝夜間料金の追加などを理由に、降車時に追加請求してくる場合があるので、そのあたりも事前にしっかりと念押しをしておきましょう。

・荷物の持ち逃げ

タクシーの乗り降りをしている途中で、荷物だけを乗せたまま逃げるトラブルです。このトラブルを防ぐためには、トランクは運転手に開けてもらい、トランクに荷物が乗っている間は、運転手だけがタクシーに乗っている時間をつくらないことです。
また、トランクには貴重品は絶対に入れておかないことも大切です。

対策をとりながらタクシーを安全に活用しよう

海外でタクシーに乗るならここに注意!

トラブルの多い海外のタクシーですが、ある程度の土地勘や料金知識などを事前入手し、運転手に対しけん制しておくことで、便利な交通手段となります。
乗車中、Googleマップで確認したりメーターをチェックしたり、さり気なく車中に掲示してある免許番号を撮影しておくことも、運転手への抑制に繋がります。
 
最後に、トランクに荷物を乗せてもらう場合は、タクシー料金の10%程度のチップが必要なことも覚えておきましょう。またアジアの国々では、おつりはチップ分として戻ってこない風習もあるので、高額紙幣で支払わないよう気をつけましょう。

シェアするShare

facebook LINE Twitter