ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

一度は見ておきたい海外の建築物6選!

一度は見ておきたい海外の建築物6選!

世界中には人々を魅了する建築物が数多く存在します。人間たちがその歴史の中で建てた、知恵と努力の結晶でもあります。海外旅行するのであれば、世界各地に点在する魅力的な建築物を見ておいて損はないでしょう。
ここでは、世界各地にある、一度は見ておきたい魅力的な建築物を6つご紹介します。

サグラダファミリア(スペイン)

スペインのバルセロナにある「サグラダファミリア」は、アントニオ・ガウディの作品として世界遺産に登録されているバシリカです。サグラダファミリア最大の特徴は、建築自体が未完であるということでしょう。
1882年から始まった建築工事は現在もなお続いており、2026年に完成する予定になっています。ガウディの最高傑作とも呼ばれており、その姿は見るものを圧倒することでしょう。 スペインのバルセロナへお出かけの際は、是が非でもサグラダファミリアを見に行ってみてくださいね。

所在地:Carrer de Mallorca, 401, 08013 Barcelona,Spain

タージマハル(インド)

インドの文化遺産である「タージマハル」。ムガル帝国第5代皇帝のシャー・ジャハーンが、妃のムムターズ・マハルのために建設したと言われている総大理石のお墓です。インド・イスラーム文化の代表的な建築で、インド観光における人気スポットのひとつになっています。1983年に世界遺産に登録されました。
お墓であるという点から、どこか神秘的な雰囲気が漂うのはもちろんこと、皇帝が愛する妃のために建てたという建設秘話からはどこかロマンティックな印象を抱ける素敵な建築物となっています。
インドを訪れた際はぜひタージマハルをご覧になることをおすすめします。

所在地:SH 62, Tajganj, Agra, Uttar Pradesh, India

ウェストミンスター宮殿(イギリス)

イギリスのロンドンの景色として有名なビッグベンと併設している「ウェストミンスター宮殿」。ロンドンの中心部にあるテムズ川河畔に立地しており、現在は英国議会として利用されています。1987年には世界遺産に登録されました。
かつてが王宮として使われていましたが、火災で焼失。現在の建物は19世紀に再建されたものです。
ゴシックリバイバル様式の壮麗な建物となっており、全長は約265m、1100以上の部屋数、100を超える階段など、壮大なスケールを持った国会議事堂です。
併設されているビッグベンと共に、ロンドンを象徴する景色となっています。ロンドンを訪れる際は、ぜひともウェストミンスター宮殿を見に行き、バックに写真を撮るなどしてロンドンを満喫しましょう。

所在地:Westminster, London SW1A 0AA

ルーブル美術館(フランス)

ルーブル美術館(フランス)

フランスのパリを代表する観光スポットのひとつ、「ルーブル美術館」。世界三大美術館のひとつにも数えられており、所蔵するアイテム数もかなり豊富です。「モナリザ」や「ミロのヴィーナス」など、どこかで見たことがあるような有名美術作品の本物が展示されています。
ルーブル美術館の魅力は、所蔵されている作品だけではありません。かつて城として使われたその建物自体が、すでに美術作品のような美しさを持っています。
芸術の都であるパリを訪れた際は、ルーブル美術館の美しい外観を堪能した後、中にある素晴らしい美術作品群を鑑賞することをおすすめします。

所在地:Rue de Rivoli, 75001 Paris, France

シドニー・オペラハウス(オーストラリア)

オーストラリアのシドニーを代表する建築である「シドニー・オペラハウス」。シドニーの景色を象徴する建築です。シドニーと言えば、まずこのオペラハウスを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
建築家ヨーン・ウツソンが設計を担当し、20世紀を代表する近代建築として彼の代表作になりました。歌劇場、コンサートホール、劇場として利用されています。また、シドニー交響楽団の本拠地になっているのも、シドニー・オペラハウスです。
ヨットの帆を連想させる特徴的な外観は、シドニー・ハーバーブリッジと並んでシドニーを代表する人気観光スポットのひとつとなっており、連日写真撮影をする観光客が後を絶ちません。
シドニーを訪れた際は、ぜひシドニー・オペラハウスをバックに記念撮影をしてみてください。

所在地:Bennelong Point, Sydney NSW 2000 Australia

フラットアイアンビル(アメリカ)

アメリカのニューヨークにある「フラットアイアンビル」は、高さ87mの歴史あるビルです。1902年に竣工し、現存するニューヨークのビルの中では最も長い歴史を持っています。
三角形をした特徴的な形が人気の秘密で、その人気の高さから、ビル周辺の地区を「フラットアイアン地区」と呼ぶほどです。
三角形の最も細い場所は、なんとわずか1mで、その姿は一度見たら忘れられません。独特な建物が建ち並ぶニューヨークの中でも、ひときわ目立った存在です。
ニューヨークを訪れた際は、一度フラットアイアンビルを見に行き、一緒に記念撮影してみてはいかがでしょうか。

所在地:175 5th Ave, New York, United States

シドニー・オペラハウス(オーストラリア)

世界各地にある、一度は見ておきたい有名な建築物を6つご紹介しました。いずれも魅力的な建築物で、きっと心に残るに違いありません。
海外旅行へ出かける際は、ここで紹介した建築物を見に行くことを念頭に置いて、旅行プランを立ててみてはいかがでしょうか。

シェアするShare

facebook LINE Twitter